パチスロを始めたきっかけ

私が大学生のころ、お金がなく奨学金を借りていました。

そのときに、同じ大学生の友達に年間300万稼いでいる子がいました。
ある日、その友達に誘われて初めてスロットにいったのがきっかけですが、その頃は4号機時代で押忍番長という機種がありました。その友達にある台を進められて番長を打ち始めたのですが、そのときに持っていたお金は7000円ほどでした。今にして思えばよくその額で打ったなと思いましたが、5000円で初ボーナスが当たり、その後もあれよあれよと増え続けて、6300枚でました。
今にして思えば、ゲーム数も300Gを超えたのも一度だけであとはずっと天国以内に当たり高設定だったのだろうと思います。

その時はこんなに簡単にお金が稼げるなんて、と甘い考えでのめり込んで行きました。
結局その後は勝ったり負けたり負けたりの連続でどんどん負けていき、奨学金のお金もつぎ込んでその月に食べる物がなくなったりもしました。

結局今ではジャグラーをほどほど楽しむ程度になりました。
学生時代の良い思い出です。