アドレナリンがとまらない

パチンコは楽しいけど恐ろしい娯楽です。

私がはまってしまったのは昔の北斗のスロットからです。規制がまだ厳しくなかった頃です。一撃で30万40万60万など勝てたからです。多分大量に脳からアドレナリンが出たんだと思います。1度でもいい思いを味わってしまうと、その時の嬉しかった興奮した感覚くが忘れられずまた行ってしまうんだと思います。今はそこまでの爆発的台はなくなりましたが、運が良ければ20万などはあるでしょう。

ただ昔よりあまりでない割にははまりはきついし、結局のところトータルは負けるようになってるんでしょうね。今年は夫婦で今70万負けてます。今はしばらく夫婦でやめていますが、もう行きたくて仕方ないです。依存症かなと思うぐらいいきたくなります。私は自分のお小遣いを増やすために行きたいのだけれど旦那と一緒じゃないと行けないのでストレスたまります。旦那と行っても勝ってももらえないし、たまに5千円とかもらえるだけです。負けても返さなくてもいいのでそれは助かってますが、正直それでは勝ってもさほど嬉しくありません。なので、思う存分自分のお金で打って勝ったら全部自分のものにしたいのが正直なところです。パチンコって不思議なもので、勝ったことはすごく覚えているのに負けた事はそこまで覚えてないのです。都合いいですよね。だから負けてもしばらくしたら行ってしまうんだと思います。

楽しいけどほどほどにしないと夫婦仲も悪くなるので気をつけないといけないなと思います。