海物語シリーズで、一部例外はありますがこのシリーズには打っていて安心感があります。甘デジならSTで時短が25から100回転付きますしミドルタイプなら確変率60%台で時短も100回転ついてくるものも多いです。

ちょっと変形タイプでもそんなに変なスペックは多くない、手軽に手を出せる機種と思いきや私はあまりこのシリーズは好きではありません。

打っていると単調になるというという小さな理由もありますが、なかなかいい台を見つけにくい(以前は違いましたが)負けやすい事が多いというのがその原因です。その理由は、時間あたりの回転数が高いので、回る台ならば勝ちが多くなりますが裏を返せば最近は回さないから他の台より投資が速いと感じています。さらに、ステージが重要なのでいい台に座るには、何台かを試し打ちが欠かせないため投資スピードに拍車を掛ける事になっていると思います。
ですが、最大の大きな原因には隣の人のボタンプッシュにあります。どうしても単調になるが故リーチがかかるたびにボタンプッシュを強烈にたたく人が多く息抜きに来ているはずのパチンコが苦痛になってしまいます。

朝一から沖ドキ!を打っていたところ、角2の台に座り、リセット時の恩恵を受けようとレバーオンしたわずか5ゲーム目に、強チェリーからのフリーズ。わずか5パーセントの確率を朝一5ゲームで引いてしまいました。

ドキドキモードが確定し、さらに1ゲーム連。

最高の滑り出しをみせ、その後もビッグボーナスに偏ってくれて、合計37連。朝から投資1000円で5000枚オーバー。

こんな体験は4号機でもなかったです。

ドキドキモード抜け後は引き戻しモードの天井まで打ってみて、入らなかったのでとりあえず1箱残して残り全部流して台移動。

今度は久しぶりにエヴァンゲリオンのAタイプを打ち、投資は1万1000円かかりましたが、ビッグボーナスを2回、レギュラーを1回、ちょっとハマってビッグボーナス2連し、ここでもプラス域。
これ以上の高みは難しいと思い、全部流して終了。
投資はわずか1000円だったので、10万円以上の利益が出ました。