パチスロ『ゴッドイーター』を初めて打った時でした。何もわからずとりあえずチェリーだけ狙って打っていたらなんと10ゲーム目くらいで3連チェリーを引きました。そのままARTに突入し、アラガミを倒し連荘していました。その時神チェリーに変換が来てなにやら上から神器解放とかで上乗せしまくりになりました。隣で打っていた人が教えてくれました。『スサノウを引いて、神器解放とはめったにないことですよ』でした。そのスサノウとやらはなかなか倒せず逆に上乗せが乗りまくりました。結局3000枚くらい出した時点で用事があったので、一緒に来ていた娘に800ゲームARTが残った台を譲り帰りました。
自宅でネットで調べると、言われた通りレアなものを引いていました。それからネットで研究し打ち始めました。

『ゴッドイーター』のいいところは天井の低さです。777ゲームという低さが魅力ですが、その割にタイミングが合えば結構出ます。そのタイミングとはARTのゲーム数が多い時にいかにレア役を引くかです。初めて打った時のスサノウもたまたま70ケームくらい残っていた状態だったので爆発しましたが数ゲームしかない状態では引き損になります。ARTゲーム数さえそれなりにあれば勝てる確率の高い台です。

しかしながら天井の低さゆえ、皆ARTが終わると100ゲーム以内でやめるので、後に人が打たず、不人気になり撤去されました。
店の人に出るのになんで撤去するのですか!といったほどでした。

撤去と言えばバジリスク絆の設置期限が延長されるみたいでほっとしています。

主力機種ですからね……!

ペプシ派かコーラ派か、綿派かサテン派か、似たようなものはどちらが好みか暫し言い合いになり、スロットの機種にも「どっち派?」というのが存在する。
ハーデスと凱旋はホールで背中合わせにあったり、近くに配置してあることが多く、ライバル関係となっているが、ライバル関係といっても同じ会社、これが違う会社なら激しい戦いとなる。

似たもの同士、カップルなどがお揃いのアクセサリーをつけたりして一心同体になる。最近では友達と同じファッションで街をうろつく女性が多くみられるが、スロットに限っては食うか食われるかの熱い戦いがそこにある。
食うか食われるかの絶対的な王者が「ジャグラー」である。
「え?この台ジャグラーだよね?」という台を見たことあると思うが、ジャグラーからインスパイアされた台は多くホールに舞い降りてジャグラーを食おうとしたが、それでも「ドスン」と一番上に座っているのはジャグラーなのである。

一度、アイムジャグラーとアイムマジック「どっち派?」と、おじさんに聞いた所「ピエロ!」と大声で答えられたことが私はある。

ところでジャグラーとは対極の位置にありそうなバジリスク絆だが、ジャグラーと同じく長期カドウできることが確定したようだ。

私はスロットもパチンコもしますが、特に好きなのはスロットです。
スロットの機種で何が一番好きかと聞かれたら真っ先にエウレカセブンと答えます。

エウレカが好きな人はなかなかいないと思います。

しかし私は初代エウレカもエウレカ2もどちらも好きです。
なぜなら初代エウレカで万枚を出した事があるからです。
私がスロットで万枚を出した事があるのはエウレカだけです。
エウレカ2に関してもトータルで考えると負けていません。
エウレカ2はモードDで天井(777G)までいくとセブンスウェルに突入しますが、これがなかなか拝めません。
モードDの判別は割と簡単にできますが、モードDで天井までいく事がまず難しいです。
そんな難しいセブンスウェルを私は1度味わった事があります。
そしてそのセブンウェルの破壊力は抜群でした。
とにかく私とエウレカの相性は抜群なので大好きです。
でも人気がないので置いてるお店はほぼありません。それがとても残念です。

最近はどこのホールもバジリスク絆まどマギ(初代と2)、北斗修羅あたりが主力ですね。