古き良き、パチスロ5号機ART時代の思い出

もうすぐパチスロ5号機の時代も終わりに近づいているようで、
5号機中盤のA+ART機でスロットデビューした打ち手の一人としては
少し淋しい思いはありますね。(とか言ってても6号機になっても打つクセに・笑)
ART機がスロッターの心を鷲掴みにしたあたりの機種は名作揃いですよね。
私も定番ながら「エウレカ」「鬼武者」「秘宝伝」「緑ドン」あたりには、
だいぶお世話になりました。おそらくトータル収支でも勝たせてもらってます。
ホールのイベント規制が入る前でしたし、稼働率も高かったので
解析を頭にたたき込んでの立ち回りも醍醐味の一つでした。楽しかったぁ~!
当然その頃は、後期の爆裂AT機時代の到来は予想だにしていませんでしたが、
純増1.6枚のART機でも充分に出玉速度は体感できていたと思います。
ボーナス獲得枚数ももう少し多かったですしね。立ち回りも大ケガはしにくかったです。
(ゲーム数解除が幅をきかせ始めたあたりから、ちょっと雲行き怪しくなりましたけどね・・)
あの頃には戻れないのか?というスロッター達の声も少なくはないでしょうけど、
新基準の規制後に復活しだしたA+ARTも不発続きですからね、
あらゆる意味で奇跡的にバランスが良かったあの時代は、もう過去のことなのでしょう。