ジャグラーの「ゾーン」を狙ってみた

少し前から負けがこみ始めていた私はとある情報を耳にしました。
それはジャグラーに「ゾーン」がある、というもの。
言うまでもなくオカルトであり、似たような話はいくらでも転がっていることでしょう。
普段なら一笑に付すところですが、溺れるものは藁をもつかむと言いますか負け続きだった私はついつい試してみることにしてみたのです。

私が耳にしたジャグラーのゾーンは「250回転前後が当たりやすい」、というもの。
言われてみれば連チャンしないでじりじり回していたジャグラーが200回転を過ぎてようやくペカったなんて体験もあったような気がします。

とりあえずボーナス合算を無視して230くらいのハッピージャグラーを回してみるも…240、250と過ぎてGOGOランプも静かなものです。
270と過ぎて、やはりオカルトはオカルトか、と隣の台がペカったりしてる中で静かなGOGOランプくんにお別れを告げようとしたところでした。
「ガコッ」
ペカってはいませんでしたが、そんな音がどこかから聞こえた気がしました。
回りを見てもペカってはおらず…、というかもっと近いところから聞こえた気がしました。
そういえばハッピージャグラーにはそんなプレミアがあったような…、と思いボーナスを狙ってみると

見事、黒黒黒が揃いました(ハッピージャグラーではBIGです)
残念ながらジャグ連はしませんでしたが…、それに気をよくした私は250くらいのハッピージャグラーを見ると座って打ってみるようになりました。

すると意外なことに的中率はよく、実に座ったハッピージャグラーの半分以上でペカってくれました。
最初のうちは。

このオカルトは本物かもしれない、とハッピージャグラー以外のジャグラーにも手を出してみるも
当たることはあるもののほとんどは静かなGOGOランプくん。

ならばハッピージャグラーならば、と出戻ってみるも当たることはあるもののと最初の勢いは何処へやら。
結局単なる偶然にしか過ぎなかったようです。
……当たり前のことではあるのですが。
このオカルトを試してみて分かったことは、どんなオカルトを振りかざそうがペカる時はペカるしペカらない時は何をやってもペカらないという絶対的な事実に改めて気付かされただけでありました。