ういちさんと直接会った日の話

ういちさんと言えばパチスロライターバブルとさえ思える今の状況の中でも頭一つ二つ抜け出した人気者ですね。
そんなういちさんと彼のライターイベントで実はお会いしたことが一度だけあります。
実は、その日から少しだけ彼を応援しにくくなってしまいました。

もう何年も前の近所のホールでの出来事です。
当時毎週のようにイベントを開催しライターを呼ぶことも珍しくなかったその店は、朝一でリールに7が揃っていれば6確定など出玉面でも看板に偽りなしだったので足繁く通っていました。
そしてその日はういちさんがイベントに訪れていました。私のその日の結果までは覚えていないのですが、ういちさんが爺サマーを打っていたことだけは覚えています。もちろんARTの方の爺サマーです。当時既にういちさんの名前は知られていたこともあってか、いつも以上に客が集まっていたように思えました。
しかしその日のういちさんはどうも出玉の調子はいまひとつだったご様子。
しばらく爺サマーを打ち続けているものの何時までたっても出玉が増えている様子がないのです。これは逆に声をかけるチャンスかもしれない、と思い「色々と頑張ってください」とコーヒーをお渡ししました。
その際にういちさんは苦笑され、まあ負けているときに声を掛けてもそんなものかもしれないな、とは思ったのです。
そしてふと気付くとういちさんがいなくなってしまっていました。負けがひどすぎて休憩したのか、あるいは帰ったのかその時は分かるはずもありませんでしたが私もそう長居はせずに帰ったように思います。

しかし問題はここからでした。
実はこのイベントは二日間の開催で、翌日もういちさんが訪れる予定だったはずなのですが翌日に再びこの店に訪れてみるとなんと急遽別のライターさんに変更になっていました。
変だな、おかしいな、と思ったその答えが分かったのは数日後のパニック7サイト上のういちさんの日記からでした。

簡単に言ってしまうと何らかの理由でういちさんがイベントをぶっちしたらしいのですね。
それを平謝りされていました。

しかしそれを見て私が思ったのは…「ひょっとして自分が声を掛けたからではないだろうか」ということでした。
下手なタイミングで声を掛けてしまってういちさんの機嫌を損ねてしまったのではないか、あの苦笑はせめてもの反応だったのではないか、そう思えてなりません。
もちろん、自意識過剰であるとは分かっているのですがこれ以降ういちさんが似たような出来事をやらかしていないことを考えるとどうも信憑性があるように思えてしまうのです。

真実はういちさん本人にしか分からないのでしょうが、これ以降私は自分からライターさんに声を掛けることをやめました。